top of page

うれしいニュース


昨日の雷雨

つかの間、雨が止んだところをSくん帰路に

あんまり速く走ると雨に追いついてしまうから、ゆっくり帰りや~

って言うてたのに

アインスから10分くらい走ったところから家まで、どしゃ降りやったみたいww

つ~か信号待ちのアインスのオリジナルトライク

横に並んでる車よりはるかに幅が広い

今日はまた暑い日ですけど…

ちょっと最近にしては嬉しいニュース



この冬は『暖冬傾向』の見込み「エルニーニョ現象」などの影響で偏西風が蛇行 気象庁

気象庁が、冬(12月~2月)の平均気温や降水量などの傾向を予報する「寒候期予報」を発表しました

この冬は「暖冬傾向になる」見込みだということです。

地球全体の大気の温度は、地球温暖化の影響などで高いと見られていますが、ペルー沖の海面水温が平年より高い「エルニーニョ現象」やインド洋の海面水温に偏りが見られることから、上空の偏西風が蛇行し、日本付近で平年より北を流れる見込みだということです

この影響で冬型の気圧配置は一時的になり、寒気の南下も弱いと見られています

このため、気温はほぼ全国的に高く、日本海側の降雪量は少なくなる見込みで

いわゆる「暖冬傾向」だということです

近畿地方もこの冬は寒気の影響を受けにくいため、気温は高くなる見込みで

日本海側の降雪量は少なくなる見込みです

ただし、一時的に強い寒気が入って、大雪になる可能性もあることから

気象庁は最新の気象情報に留意するよう呼びかけています


今年は冬もトライクに乗れるよ~♪


そんな今日も応援クリックよろしくね


ところで

エリスにピロラにインフルエンザ



新型コロナとインフルエンザとでは、系統が違うウイルスです

なので同時感染すると、それだけ症状が強くなってしまうというデータは出ています

インフルエンザというのは、全身感染症で高熱が出ます

関節の痛み、筋肉痛といったような症状が出るので、それらがコロナに合わさってしまうと、より強く症状が出てしまうということになります

9月20日から接種がスタートします

こちらは現在流行中の「エリス」にも対応しているということです


「これはXBB対応のワクチンで、これまでのデータによると『エリス』、それから『ピロラ』に一応、中和抗体ができるものです」

そして、インフルエンザのワクチンについては例年通り10月以降に接種がスタートします。


「コロナがメッセンジャーRNAワクチン、そしてインフルエンザは不活化ワクチンで、全くタイプの違うワクチンです。同時に打っても全く問題はないとお考えください

集団免疫を作るのがワクチンの大きな特徴で、これは大きな意義があります


って事なので今年はコロナワクチンにインフルエンザワクチン接種しなきゃね~


今日も来てくれてありがと~



Commentaires


bottom of page