top of page

そこまでとは…


いつかの桜を見に行ったときの写真

ずーっと暖かかったり寒かったり

来週からは一気に暖かくなる予報やから桜の開花も近いのかなぁ~

日本人は桜を見ると血圧があがるらしいよww

でもコロナ禍以来

お花見で、どんちゃん騒ぎをされてるの見なくなりましたよね

まぁそう言ってもコロナは収束してないのであたりまえか


そんな今日も応援クリックよろしくね


で、まぁまぁ予想はしてたけどここまでとは…ってお話


世界で最も借金の多い国ベスト30


30. シエラレオネ

債務残高対GDP比(2024年): 82.6GDP (購買力平価): 190.5億米ドル

西アフリカのシエラレオネは、債務残高対GDP比82.6%で30位にランクインした

レオーネ通貨の急激な減価と2022年の高額の財政超過が、現在の全体的な高債務苦境レベルの主な原因である


29.バハマ

債務残高対GDP比(2024年): 82.6GDP (購買力平価): 190億5,000万米ドル

西インド諸島で最も豊かな国であるバハマの経済は、観光とオフショア・バンキングに依存同国の債務比率は近年低下しているが、それでもこのリストでは29位にランク


28. 中華人民共和国

債務残高対GDP比(2024年): 87.4GDP (購買力平価): 350.4兆米ドル

中国の債務は過去10年間に劇的に増加したが、その主な原因は2008年の世界金融危機の後に国有企業に与えられた信用である


27. エジプト

債務残高対GDP比(2024年): 88.1GDP (購買力平価): 1兆9200億米ドル

アフリカ最大の経済大国のひとつであるエジプトの債務残高対GDP比は88.1%


26. セントビンセントおよびグレナディーン諸島

債務残高対GDP比(2024年): 89.2GDP (購買力平価): 21億3,000万米ドル

セントビンセント・グレナディーン経済は、2021年のパンデミックと火山噴火のショックで大きな打撃を受けた

人道的危機への財政対応が公的債務を押し上げた


25. ブラジル

債務残高対GDP比(2024年): 90.3GDP (購買力平価): 4兆2,600億米ドル

ブラジルの債務残高が多いのは、貿易赤字のためである

しかし、2030年にはブラジルの国内総生産は世界第4位になると推定されている


24.コンゴ共和国

債務残高対GDP比(2024年): 91GDP (購買力平価): 299億米ドル

コンゴ共和国の債務全体と対外債務は窮境に陥っている

しかし、債務管理の改善により、対外流動性と支払能力の指標は2026年までに基準値を下回ると予測されている


23. ドミニカ国

債務残高対GDP比(2024年): 91GDP (購買力平価): 11億4,000万米ドル

ハリケーン「マリア」の経済活動への壊滅的な影響により

ドミニカでは2017年から債務残高が急増した

現在の政策では、債務比率が地域目標のGDP比60%に達するのは、2035年目標の5年後の2040年である


22. ヨルダン

債務残高対GDP比(2024年): 91.9GDP (購買力平価): 1,387億3,000万米ドル

ヨルダンの債務残高対GDP比は2019年と2022年に財政の崖に達した

過去30年ほどの間、同国の予算が均衡または黒字になったことはほとんどない




21. モザンビーク共和国

債務残高対GDP比(2024年): 92.4GDP (購買力平価): 576.5億米ドル

モザンビークの債務残高対GDP比はアフリカ大陸で3番目に高い

国際通貨基金(IMF)により、同国の債務危機リスクは全体的に「高い」と評価されている。


20. スリナム共和国

債務残高対GDP比(2024年): 93.9GDP (購買力平価): 120億4,000万米ドル

スリナムは、2020年と2021年に世界的なパンデミックによる経済危機に直面し、財政赤字が膨らんだ


19. ウクライナ

債務残高対GDP比(2024年): 98.6GDP (購買力平価): 5,010億7,000万米ドル

IMFは10月、ウクライナの公的債務は2025年までにGDPの100%を超えると予測した

フリヴニャの切り下げと、進行中の戦争の資金調達のために受けた資金援助が、現在の状況を招いている


18. カナダ

債務残高対GDP比(2024年): 103.3GDP (購買力平価): 2兆4,700億米ドル

カナダの政府債務の大部分は州政府が保有している

このリストにランクされているにもかかわらず、カナダのバランスシートはG7諸国の中で最も強固なもののひとつである


17. ポルトガル

債務残高対GDP比(2024年): 104GDP (購買力平価): 4,828億5,000万米ドル

ポルトガルの債務比率は、2009年以来初めて、2023年に国内総生産の100%未満に低下

同国は2008年の大不況で欧州で最も大きな打撃を受けた国のひとつである


16.スペイン

債務残高対GDP比(2024年): 104.7GDP (購買力平価): 2兆5,100億米ドル

スペインの公的債務対GDP比率は2023年に低下し、政府目標をわずかに下回った

ユーロ圏第4位の経済大国であるスペインは、過去最多の8,400万人を超える外国人観光客を迎え、2023年には2.5%成長した


15. イギリス

債務残高対GDP比(2024年): 105.9GDP (購買力平価): 3.98兆米ドル

英国の債務総額の増加は、2023年5月に政府借入金が200億ポンド(約250億米ドル)に急増した後であり、エネルギー支援制度、インフレ連動型給付金支払い、債務の利払いなどの費用によって押し上げられた


14. ベルギー

債務残高対GDP比(2024年): 106.8GDP (購買力平価): 7,938億3,000万米ドル

ベルギーの財政は、COVID-19の大流行時に大幅に悪化した

人口の高齢化も中期的にはベルギーの財政を圧迫する


13.バルバドス

債務残高対GDP比(2024年): 107.5GDP (購買力平価): 57億8,000万米ドル

低成長と経常的な財政赤字により、バルバドスの債務は急速に累積し

ラテンアメリカ・カリブ海地域で最も高いレベルにある


12. カーボベルデ

債務残高対GDP比(2024年): 109.7GDP (購買力平価): 61億1,000万米ドル

観光業はカボベルデのGDPの約25%を占める

パンデミック後、GDPは著しく加速した

債務残高対GDP比は、2021年の歴史的高水準に続き、2022年には大幅に低下した


11.フランス

債務残高対GDP比(2024年): 110.5GDP (購買力平価): 4兆100億米ドル

フランスの公的部門債務は、2023年に初めて3兆ユーロ(約3.2兆米ドル)を突破した

ロシアのウクライナ侵攻に端を発したエネルギー危機と生活費危機は

COVID-19パンデミックの余波を受け

家計と経済への打撃を和らげるために大量の公共支出を促した


10.モルディブ

債務残高対GDP比(2024年): 111.8GDP (購買力平価): 158億3,000万米ドル

IMFによれば、パンデミック後の力強い成長にもかかわらず

モルディブは依然として債務危機のリスクが高い。同国のGDPは漁業と観光業に大きく依存


9. ラオス

債務残高対GDP比(2024年): 118.7GDP (購買力平価): 789億3,000万米ドル

道路や水力発電ダム、高速鉄道への中国の投資は、ラオスの公的債務を増大させ

"危機的なレベル"と言われている


8.バーレーン

債務残高対GDP比(2024年): 119GDP (購買力平価): 115億6,000万米ドル

バーレーンの経済は石油とガスに大きく依存しており、政府収入の約75%を>生み出している


7. ブータン

債務残高対GDP比(2024年): 119GDP (購買力平価): 115億6,000万米ドル

バーレーンの経済は石油とガスに大きく依存しており、政府収入の約75%を生み出している


6. アメリカ合衆国

債務残高対GDP比(2024年): 126.9GDP (購買力平価): 27.97兆米ドル

アメリカの国家債務は現在、過去最高の34兆米ドルに達している

現在、連邦政府はGDPの1.5倍を支出している


5. イタリア

債務残高対GDP比(2024年): 143.2GDP (購買力平価): 3.29兆米ドル

イタリアの公的債務の対GDP比はユーロ圏で最も高い水準にある

しかし、2025年には基礎的財政収支が黒字に転じ、債務残高対GDP比の伸びが減速すると予想される


4. ギリシャ

債務残高対GDP比(2024年): 160.2GDP (購買力平価): 4,348億3,000万米ドル

ギリシャの債務は高止まりしているものの、その持続可能性は特に高い

ムーディーズの分析によると、2023年から2030年の間に、ギリシャの債務比率は26ポイント減少し、世界記録を更新すると予測されている


3. シンガポール

債務残高対GDP比(2024年): 168.3GDP (購買力平価): 7,868億7,000万米ドル

シンガポールの国家総債務は高水準だが、純債務を見ると様相は異なる

実際、シンガポール政府の資産は債務を上回っており、純債務対GDP比は0%である



2. スーダン

債務残高対GDP比(2024年): 238.8GDP (購買力平価): 1,770億9,000万米ドル

スーダンの公的債務苦境リスクは高いと評価される

高水準の公的債務がもたらすリスクは、GDPの伸び悩みによってさらに深刻化し

対GDP税比率が非常に低いために悪化している


1. 日本

債務残高対GDP比(2024年): 251.9GDP (購買力平価): 6兆7,100億米ドル

高齢化が財政を圧迫し、日本の公的債務負担を悪化させている

日本の労働生産性はG7で最低


もうね、凄いとしか言いようがないわ

どうなるの~ニッポン











Komentarze


bottom of page