top of page

今年を振り返って②


3人くらいで走ったのを除くと今年は2回しか走ってないの???

改めてビックリ

この時も何気にええ感じで走れたなぁ~


紅葉には遅かったけど皆で走れて楽しかったよぉ~

こ~ゆ~のを見てると本当に来年は沢山走れますように



今日も来てくれてありがと~



今日見てた記事


40歳から脳の老化が始まる人の口癖

いつまでも若々しくあるためには、どうすればいいのか

人の老化は感情から始まる。『まあ、いいや』を口癖にしている人は脳の老化が早まってしまう。

恋愛や株投資など前頭葉を刺激するような『俗事』に興味を持ったほうがいい」という


血管の老化である動脈硬化は、早い人は40代から始まっている

高齢女性に多い骨粗鬆症も、最近は40代ぐらいからめっきり多くなった

これは間違ったダイエットが原因だと考えているが、男女問わず、40代ともなると臓器が昔よりも老化しているのではないかとしばしば指摘されている

とはいえ成人の体として、実用機能はあまり衰えてない

運動能力の低下により「40代になったらこの仕事は無理だ」と言われるのは、プロスポーツの世界ぐらいである

もっともコンピュータ・ソフトの開発者のように、運動能力が問題になるわけでもないのに35歳定年説がささやかれる職業もある

これは年齢とともに実務からマネジメントへと異動する人事上の理由もないわけではないが、進歩の速い世界で新しいことを覚えるのがおっくうになってくるからとも言われている。

どんな仕事でも、ベテランと言われる年齢になってくると、いつの間にか新しいことに食指が動かなくなる。面倒くさいと思うことが増えてくる。こうしたことも人間は身体機能よりも、心や感情から老け始めることを示唆している。

現実に30代、40代からうつ病が増加して「何もやる気が起きない」と苦しむ人が目に見えて多くなる。そこまで悪くはなくても、さまざまなことに対してガツガツしなくなる「まあ、いいや症候群」が現れやすくなる。

一般的に若いころは「出世したい」「よりよいパートナーを手に入れたい」「思いどおりの仕事をしたい」などの夢や欲望があり、頑張る気力もあり、徹夜も辞さない体力もあるものだが、ある年齢から「もう出世などしなくていい」「子どもの成績もこんなもんだろう」と、執着がなくなってくる。それはそれで恬淡(てんたん)としていて、欲望から超越できたのでよいではないかという見方もできるけれども、若さはない。

政治家は60代後半や70代になっても、権力に執着を示す。「いい歳をして、生々しい」と思う人もいるだろうが、概して年齢のわりにエネルギッシュで若々しく見える。最近の草食系と言われる10代、20代からガツガツしていない若者の出現は、社会として老化していると言えなくもない。

年齢が上がっていくにしたがって、体を使っていないときの衰え方が、若いときと比べると急激になる廃用が起こりやすくなる。

体を使ってない、あるいはもう生殖器を使っていない状態が恒常化すると、どんどん衰えていく。「まあ、いいや症候群」で頭を使っていないと、脳も衰弱していくのである。「まあ、いいや」的な消極的生活によって感情が老化すると、追いかけるように体や脳、生殖器などの老化を進めてしまう。

感情の老化は、いちばん最初の段階で食い止めなければいけない防波堤なのである。

医学が進歩して80代、90代まで生きるのが当たり前になってくると、「60歳で定年を迎えたら後は隠居」というのでは、老年期が長すぎる。ましてや40代で感情が老化してしまうと、とんでもなく老後が長い人生になってしまう。70代くらいまで、現役のつもりで俗事に興味を持ってもらいたいものだ。


波瀾万丈でハラハラドキドキするような状況では、前頭葉が活発に働く


だから、トライク乗ってる方は若いのね~

ってそこっ!!!

って言われそうやけど、これ、ほんまww


楽しいトライクライフを過ごしましょうね


そんな今日も来てくれてありがと~



Commentaires


bottom of page