top of page

奈良若草ハーレー会さん


奈良若草ハーレー会の会長さんから毎年頂くカレンダー

ありがとぅございます♪

毎年の楽しみの一つです♡




来年はツーリングに連れてってもらいたいなぁ~


今日も応援リックよろしくね




すき焼き用のお肉をいただいて、ありがと~ございます♪

年末は、すき焼きに蟹刺しに太るしかないww

嬉しい悲鳴です


で、運転するのに目は非常に大切ですけど

目の寿命を延ばすやってはいけない4つの事って言う記事を見まして…

まっ自慢ではないけどsango目だけはいいんですよ

裸眼で2.0以上多分見えますww

でもこの記事読んで(*_*)びっくり


「目をこすらない」ということ。なあんだ、そんなこと? と思うなかれ

目が何ものにもまもられていない、むき出しの臓器であること

衝撃に「劇的に」弱いということ

目は、ぐちゃっとつぶれてしまうような、やわらかく繊細なもの

そんな目を「こする」ことは、非常に大きな衝撃を目に与えてしまいます

目がかゆいと、しょっちゅうこすったりします

このアレルギーのひどい人にはアトピー性皮膚炎がある人もいます

目をこすったり、軽く叩いたりする力は大したものではないですが

毎日、何百回もこすっていると、外傷となります



目を洗うのも絶対にやめましょう

目とは本来、「洗ってはいけない」ものなのです

よほど目にほこりや異物が入るなどしたとき以外は、目は洗ってはいけないし、そもそも、洗う必要がないものなのです。

目をまもることができるのは「油層と水層とムチン層」からなる涙だけです 

目を洗う「洗眼液」もありますが、あれも目を洗う効果以上に、目から大切な3層を奪い、さらに細菌感染ももたらしてしまうおそれのある、危険なものです

洗眼液を入れて目に当てるカップも完全に無菌ではありません。一定の衛生は保たれていても、むき出しの目にとっては「不潔」なのです

 

無理に目を動かすこと

近年は「眼トレ」と称して、根拠のない健康法をまことしやかに言う方がいるようです

目の老化を防いだり、視力を上げるためなどと称して、目を激しく動かす運動を勧めていますが、これは老化防止や視力の向上に効果がないばかりか、目を傷つける危険もあります

目を激しく動かすと、目の中の硝子体線維が揺れ、網膜を支えるように張る硝子体の枝が網膜を引っ張るようにして破き、網膜剥離を引き起こす危険性があるのです

わざわざ自分から網膜剥離を引き起こす運動など、絶対にしないでください。



目は外傷に弱いだけではありません光にも弱いのです

光というと、夏の太陽光線を防ぐサングラスだけで目の障害を防ぐことができました

ところが、近年は紫外線だけでなく、多くのLED光源による網膜障害や

白内障が問題となりつつあります

車のライトもLED化していて、運転していると以前のハロゲンライト時代より

光が痛いくらいまぶしいと思いませんか? 

これは、目が危険を察知し、まぶしいとか痛いというサインで、光の害について警告を発していると言えます。

そしてもちろん、近年はスマートフォンによる光にさらされている現実があります

光は波をもった電磁波ですが、この電磁波は波長が短いほど、細胞に当たったときに

電子を放出させるエネルギー力が強い、つまり細胞を傷つけるのです

そのため、LED光が主体の時代は、光による細胞障害が非常に増えてしまいます。

印象としては「20年ほど、毎日数時間もスマホを見る生活を続ける」と、若くても白内障や網膜黄斑部の光細胞障害を起こすと感じます


って!!怖っ

目は擦るし洗うしスマホやPCは見るし

唯一、目のトレーニングをしないくらい

早々に目を洗うの捨てよww



今日も来てくれてありがと~






bottom of page