top of page

暖冬なんて嘘や~


ここまでは降ってませんけどww

今日は朝から雪がちらついたり霙が降ったり…ほんまに暖冬か??

でもまぁ~写真の様には雪は積もらなくなったから年々暖冬なんやろなぁ~とは思うけど

それでもやっぱり寒いわ

フルコースで暖房しててちょうどくらいな今日です

来週からは春の陽気らしいけど春は遠いなぁ~



今日も応援クリックよろしくね



この間から揺れてる二ホン

今日読んだ気になる記事


千葉県沖でスロースリップによる不気味な揺れが、続発しているのが気になります

’11年3月の東日本大震災前にも、震源地近くでスロースリップによる地震が多発していました。巨大災害の導火線になる可能性があるんです


スロースリップとは、プレート境界の断層がゆっくりズレ動くこと

小さなズレが何度も起きれば、大きな地震を引き起こすことになりかねない

千葉県沖では2月下旬から震度1以上の地震が25回以上発生し

海底が2㎝ほど南東へ動いたと推測される

震源が、さらに南東に移動したら注意が必要です

首都直下型地震を起こす、相模トラフを刺激することになります

注視すべきは千葉県沖だけではない

今年1月には能登半島で最大震度7の大地震が発生

2月にも、広島県と愛媛県で震度4の大きな揺れを観測している


東日本大震災以降、日本の東側にある太平洋プレートの動きが活発化しています

太平洋プレートは、すぐ隣にある北米プレートやフィリピン海プレートを圧迫

その2つのプレートがさらにユーラシアプレートに圧力をかけ

各地でおおきなひずみができているんです

日本中で地震が頻発しているのは、ひずみに耐えられなくなっているからでしょう

政府が今後30年間の発生確率を70〜80%とするマグニチュード8〜9の南海トラフ地震

フィリピン海プレートとユーラシアプレートの境界で蓄積したひずみが

限界に達することにより起きるといわれる

東日本大震災以降、南海トラフのあるフィリピン海プレートとユーラシアプレートの境界でもひずみが溜まっており、巨大地震の危機が近づいているのは間違いありません


南海地震の津波は、海が浅くなっても時速数十㎞の速さで襲ってきます

しかも一度ではない

およそ6時間の内に50分ほどの間隔で何度も押し寄せることがわかっています

とくに満潮時は、津波が高くなるので注意が必要でしょう

大阪などの都心部に住む人も『沿岸部の災害で自分たちには関係ない』と考えるのは危険で地震発生から約2時間後には大阪市中心部にも津波が到達

地下街が水没し、事前避難しなければ最大4万人が亡くなる可能性があります


’04年12月にインドネシア西部で起きたスマトラ島沖地震では

津波が地球を3周したというデータがあります

しかも1回目の津波により水かさが増した海で起きるので

2回目以降のほうがより高くなる傾向があるんです

能登地震では、道路の寸断などで数多くの集落が孤立した

南海トラフ地震では、さらに悲惨な状況になるという


政府の想定した南海トラフ地震の最大死者数は32万人超


相模トラフで地震が起きれば、すぐ隣の南海トラフが刺激されます

関東から九州、沖縄地方にかけ、巨大な揺れが連動して発生する『スーパー南海地震』が起きる可能性があるんです

被害は、政府の想定にとどまりません。死者は50万人を超えてもおかしくない

首都圏に住む人も他人事ではありません

’95年1月の阪神・淡路大震災の発生確率が0.02〜8%

能登地震が5%ほどといわれた

南海トラフ地震の30年以内の発生確率約80%と比較すると

危機が迫っていることがわかるだろう


起きてから慌てるのでは遅い

避難ルートの確認や非常品の備蓄……。日ごろから震災への対策を怠ってはならない


こわいなぁ…

もぅ毎日すぐに避難できる恰好で寝る??

でも、目覚めたら朝!!!ってくらい爆睡してるsangoは、はたして目が覚めるのか??

みなさんも気を付けてくださいね


今日も来てくれてありがと~










Comments


bottom of page