top of page

送金ブローカー


アインスガレージのオリジナルトライク

ロングホイールベースにワイドトレッド

迫力ありますよ~

これだけ幅広くっても、めちゃくちゃ乗りやすいの

sangoも初めは大丈夫かなぁ~と、思ったけど

さほど心配もなく乗れてますよ





そんな今日も応援クリックよろしくね


最近、韓国に風船でゴミを飛ばしてるのが騒がれてる北朝鮮ですけど

今日はこんな記事を見たわ


北朝鮮で撮影されたという映像

暗い部屋の中で、市民が一心不乱に紙幣を数える様子が映っている

映像の中で北朝鮮市民は「お前が送った20万円(=9180元)をもらった。感謝するよ」と話していて、別の市民は「夢のようだ、本当に。言葉が出ないよ…」と、涙をこらえきれない様子

核・ミサイルなどの開発を進める一方で、貧困にあえぎ続ける北朝鮮の一般市民

そうした人々の頼みの綱となっているのが、北朝鮮外からの送金だ

FNNは、これを請け負うブローカーを、日本メディアとして初めて取材した

「わたしは2010年に韓国に来たので、13~14年前の事です」と話すのは、“送金ブローカー”のチュ・スヨンさん

夫や子どもと韓国・ソウル近郊で暮らす脱北者で、韓国側の送金ブローカーの1人だ

ブローカーは、送金を希望する人から金を受け取ると、まずソウル市内の“両替所”と呼ばれる場所に預ける

その後、ソウルの両替所から中国の両替所に送金

その金はさらに複数のブローカーを介して北朝鮮に入り、ようやく送り先へと渡る

撮影された映像は“送金完了の証し”としての意味も

しかし、市民が実際に手にする額は最初の送金額の6割程度で、残りの約4割はブローカーへの手数料とされている

「日本円で20万円余りの外貨を手にすれば、北朝鮮では1年暮らしていける」と話す、ブローカーのチュさん

「北朝鮮は配給制だがすでに名ばかりのもので、市民は“闇市”のような場所で食べるものを確保し生きていくしかない。海外の送金は砂漠のアオシスのようなお金」なのだという

チュさんのような送金ブローカーは、実は、韓国では非合法な存在

それなのになぜ今回、顔や名前を公表し取材に応じたのか

きっかけは、これまで黙認されてきた送金ブローカーが警察の捜査対象になったこと

北朝鮮に強硬姿勢をとる韓国の尹(ユン)政権下で、ブローカーの取り締まりが強化されたという

チュさんは「わたしをスパイとして捜査しようとしたんですよ。それがあまりにも悔しくて…。合法的にお金を送れるルートが他にあるのならこんなことはしません」と話した

北に残る家族たちを助けたいだけなのに、時の政府に翻弄(ほんろう)されている

抗議の意味も込めて、顔出しでの取材に応じた

一方で、北朝鮮事情に詳しい専門家は、こうした非合法な送金が、結果として金正恩(キム・ジョンウン)ファミリーを潤す一因となると指摘

甲南女子大学の鴨下ひろみ准教授は「脱北者が家族に向けて送金したお金が取り締まりを受けて、没収されて金正恩政権に入る。そういうことは十分あり得る」と話した


これって、ど~なん??

韓国に亡命して多分、保護されてお金も韓国から補助してもらっると思うのに

北朝鮮に残してきた家族の事は心配やろうけど…

んんんんん~と考えさせられる


そんな今日も来てくれてありがと~



Comments


bottom of page