top of page

寒っww


毎日、寒いね~

雪も、ちらちら~

誠ちゃんに聞くと岩手は雪が降ってないらしい…なんでや~


陸事の帰り

琵琶湖の向こうの山も白いww

あ~さぶっ


週末は気温は上がるけど雨みたいやし

まぁまぁ、そのうち乗れるようになるわ…なっ


そんな今日も応援クリックよろしくね


今日読んだ興味のある記事


〈最近、私の5歳の子供が『前のママにも……』と突然言い出し、子供の言葉で言いますと、『前に生きていた時の話』を聞かせてくれました。どうやら、自分が前世で死んで、私のところに産まれてくるまでのことを覚えているようです〉


次の人生は選べるのかもしれない生まれ変わりの最新医学あまりに克明な前世の記憶と転生法



人間は「死んだら終わり」ではない―という仮説については、ある程度「根拠がある」と言っていいかもしれない。



・人(の意識)は死ぬと一度地面の下へと潜る。そして、また生まれたいと願うと空へ上がってゆく。いつ生まれてもかまわないが、あまり遅いと急かされる。


・空の上には下界を見ることができる窓のようなものがあり、そこから母親を選ぶ。誰を選ぶかは「早い者勝ち」である。


・自分はしばらく生まれ変わるのを迷っており、空の上から、かつて好きだった女性を探していた。すると、その女性が今のお母さんとして生きていることを知った。そのときお母さんはまだ子供だったが、大人になったころ、空の上にいる「おじいさんみたいな人」に「早く生まれなさい」と言われた。その人は(「空の上」にいる他の意識と同様に、肉体を持たない)お化けのような姿をしている


・母親が決まったら、そのお腹に「しゅっと入る」このとき複数の意識が同時に母親へ入ろうとすることがあり、自分は「3~5人と競争した」


・「入る」のに失敗することもあり、その場合はやり直しになる。


「空の上は明るく楽しい場所で、自分と同じような存在がたくさんいて、おしゃべりもできる」「下界の様子は屋根や壁を透かして見ることができる」「動物が人間に生まれ変わることもできるが、手間がかかる」「一度にたくさん人が死ぬと空の上がいっぱいになって面白かった」とも証言している。


ってな証言をする子供が多いそう

前はタイ人で、こんな職業をしていたと言う男の子や

前はインド人で5人兄弟の末っ子だったという女の子


日本人としての人生を選んで生まれ変わった…と。

次の人生では、女の子が大切にされる日本に生まれたいと思った。と


平和ぼけしてるとか言われるけど、やっぱりsangoも次も日本人がええなぁ~


そんなことを考えた今日も来てくれてありがと~



Comments


bottom of page