ドラマ



なんとなく…なんとなくですよ

真夏のジリジリした暑さから少し、ほんの少しだけ秋めいてきたような…そうでないような

そんな今日も皆さん、お元気ですか??



おめでとう!!

仙台育英さん監督も涙ぐんで、うっっっっsangoも感激したわぁ~

思えば彼らは、ほぼコロナ禍の高校生なんやなぁ~と、しみじみ

高校に入ったころからコロナ禍なんよね




2年生の時、病気になり代打で満塁ホームランの岩崎君

もぅドラマよりドラマよね~


でも、いつも皆にそこ??って言われるんやけど

表彰式の時、おめでとぅ仙台育英って言われたとき皆キャップを脱いでお辞儀をしてた

監督もキャップを脱いでお辞儀をしてた

おめでとぅ下関国際って言われたとき

監督も選手も微動だにしなかった

あれっ????えっ???? と、感じたsangoでした


最後に全国の高校生に拍手を!!って言われてたけどほんまやなぁ~と、思いましたわ

小泉元首相じゃないけど、感動した!!! ありがと~


そんな今日も応援クリックよろしくね



14日に高市早苗氏がSNSに投稿した文章が、波紋を呼んでいる

岸田総理から経済安全保障担当相の入閣要請があったにもかかわらず、高市氏はこれを辞退して前大臣の〈留任をお願い〉したという

そして、それでも入閣が決まったことについて、〈辛い気持ちで一杯です〉と赤裸々な心情を公表した





入閣が「辛い」と言う高市氏の投稿は炎上し、「入閣舌禍」と言うべき事態となった

「政調会長から外され、担当省庁や予算を持たない『軽量級』ポストをあてがわれたのが嫌だということです。岸田総理に"飼い殺し"にされる不満が思わず出たのでしょう」


安倍元総理の「一番の側近」アピール その翌日、高市氏は会見で投稿について「私は入閣しなくてもいいという意味だ」と説明した。しかし鎮火するどころか、新たな怒りを買うことになってしまったようだ。

高市さんは、『(生前の安倍元総理から)岸田さんから頼まれたことは絶対に断らずに受けなきゃだめだよ。人事っていうのはそういうものだよ、と助言されていた』と語ったんです

"辛い"人事を受けたのも安倍元総理がいたから、という発言からは『自分こそが安倍氏の一番の側近だった』というアピールを感じます。わざとらしく亡くなった安倍氏の名を出した高市氏に対し、安倍派から大ブーイングがあがっています

岸田総理に安倍派と、敵ばかり作る高市氏はどこに向かうのか


ですってよ…ww

まぁこの方も安倍さんと仲良しで、もちろん旧統一教会とも仲良しなはず

知らんふりしてはるけど、ど~なるんでしょ~ね

もぅ安倍さんはいないしね


今日も来てくれてありがと~



この間


りっぱな明太子を頂きました

ありがと~ございます♪